アジア特許情報研究会設立10周年記念誌=第3部:ワーキング資料=

2018年度のアジア特許情報研究会の研究成果を紹介します。今年度は各自1テーマで取り組む形になりましたが、各人が同一チーム内で充分議論もしてきました。

機械学習を用いた技術動向分析の試み~R言語による視覚的な手法を用いた分析~

 ※第1部の講演会資料と同じ

 アジア特許情報研究会:四方孝

機械学習を用いた特許文書分類~文書ベクトルを使用した分類器の実装例~

 ※第1部の講演会資料と同じ

 ユポ・コーポレーション:西尾潤

Deep Learningを用いた効率的な特許調査

 ※第1部の講演会資料と同じ

 花王:安藤俊幸

機械学習による特許自動分類の試行・SVMとDeepLearnigによる特許分類

 JFEテクノリサーチ:平川雅彦

ジュース飲料に関する特許のRを用いたテキストマイニングによる出願人解析

 三菱ケミカルリサーチ:北川道成

複数の深層学習モデルを組み合わせた自然言語AI実装の一例とモデルの多様性に注目した展望(概報)

 日本点眼薬研究所:林一夫

IPCCATを用いたIPC予測:特許庁付与IPCとの比較

 JFEテクノリサーチ:藤田明

現状にあった中国特許調査方法の提案~膨大な中国特許をリスクを最小限化しつつ絞り込む方法~

 ※第1部の講演資料と同じ

 富士フイルム:田畑文也

新興国知財庁データベースの現状

 ※第1部の講演資料と同じ

 アジア特許情報研究会:中西昌弘

PATENTSCOPEの化合物検索の検証~キーワード検索との比較

 中央光学出版:石川彰

PATENTSCOPEの特殊な機能

 IHI:柴森康裕

①PATENTSCOPEによるASEAN特許調査

 アジア特許情報研究会:伊藤徹男

②PATENTSCOPEによる中国特許調査

 アジア特許情報研究会:伊藤徹男