DB調査報告書がJETROホームページに紹介されました

「ASEAN各国知財庁データベースに関する調査報告書」

JETROバンコクの2018年度事業としてバンコクに拠点を置く法律事務所S & I International Bangkok Office Co., Ltd.が受託した本報告書作成作業をアジア特許情報研究会の新興国チームが協力して取り組み、JETROホームページに紹介されました。

昨年4月に発行された2017年版では、2017年8月末にリリースされたASEAN PATENTSCOPEWIPO PATENTSCOPEを解説したものを「ASEANにおける各国横断検索が可能なデータベース」として発行しましたが、PATENTSCOPEの一部を修正し、2018年度版(2019年4月発行)として以下のように発行しました。

さらに、2018年版は、インドネシアが昨年4月に、フィリピンが昨年10月に大幅リニューアルされましたので、全面書き換えを実施しました。

「ASEAN6か国知財統計情報」として特許・実案、意匠、商標の統計データも紹介しました。

本報告書は、アセアン10か国のうち、知財関係データベースを有するインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの6か国のデータベース検索マニュアルです。各国データベースの収録解析やデータベース検索ノウハウも盛り込んで初心者でも容易にアクセスできるものとなっています。